体験入学受付中

HOME // 関連情報 // 微妙に違う漢字たち01

CATEGORY


コラム

微妙に違う漢字たち01

中国語の文字について、ご存知の方も多いと思いますが、一部の文字は「簡体字(jiǎn tǐ zì)」という簡略化した漢字を使っています。でも多くの漢字は日本と同じです。
ただ、いくつかの文字について、微妙な違いがあるのです。例えば同じ「田」という字でも、実は書き順が少し違います。

中国語の「田(tián)」の書き順(百度漢語より)
日本語の「田」の書き順(漢字書き順辞典より)

第三画目が日本は縦から、中国は横から「土」みたいに書きます。まあ同じ漢字なのだから、書き順が違ったところで問題は全くありません。ちょっとした話のタネにはなるかもしれません。

これは同じビジュアルですが、ほんの少し形が違って画数が異なる字もあります。このような字をいくつか紹介します。

まずは「骨」!第三画目が違います。(リンク先の書き順をご確認ください)
日本語だと二画で書くところが簡体字だと一画で書けます。同様に「滑」「猾」の骨も同じように変化します。

中国語の「骨(gǔ)」(百度漢語より)
日本語の「骨」(漢字書き順辞典より)

次は「差」!日本語の第四画目の縦棒が、簡体字だと、下の払いの部分と合体してます!

中国語の「差(chà)」(百度漢語より)
日本語の「差」(漢字書き順辞典より)

このような微妙な違いをわずらわしく思うよりも、違いを楽しんでいただけたらと思います。これからシリーズで少しずつご紹介していきたいと思います。

関連情報一覧