体験入学受付中

HOME // 関連情報 // 【クセつよ発音矯正講座】「多」vs.「都」

CATEGORY


コラム

【クセつよ発音矯正講座】「多」vs.「都」

中国語学習者で「多(duō)」と「都(dōu)」がどちらも「どー」になる方のなんと多いことか。。。
中国語には「do」という発音はありません。
例えば以下の例文のように「多(duō)」と「都(dōu)」の発音を間違えると別の意味で伝わってしまうかもしれません。

多少钱 (duō shǎo qián) いくらですか
都少钱(dōu shǎo qián) みんなお金が足りない

多练习多好(duō liàn xí duō hǎo) もっと練習すればいいのに
都练习多好(dōu liàn xí duō hǎo) 練習が上手だ

今回は「多(duō)」と「都(dōu)」の発音の違いについて深掘り解説します。

まず「多(duō)」は、「」という子音と「uo」という二重母音で成り立っています。ちなみに「uo」という二重母音は、子音が付かない場合は「wo」と表記します。代表的な語は「我(wǒ)」です。
「uo」を発音するポイントは、まず唇をしっかりとすぼめてから口を縦長に伸ばして発音します。この口の動きが大事です。むりやりに日本語の音に当てはめるならば「ドゥうおぁ」という感じでしょうか。

次に「都(dōu)」は、「」という子音と「ou」という二重母音で成り立っています。
「ou」を発音するポイントは、まず「o」は日本語の「お」ではなく、「あ」を口の奥の方で発音する感じで、口の中の空間を広げる感じに発音します。その後に唇をしっかりとすぼめます。

「uo」と「ou」の区別は理解出来たでしょうか。
では最後に、以下の発音を聞き比べてみてください。

1.「uo(wo)」の四声調

2.「ou」の四声調

3.「多(duō)」と「都(dōu)」

関連情報一覧