体験入学受付中

HOME // 関連情報 // 【クセつよ発音矯正講座】「ウォーメン」の呪縛

CATEGORY


コラム

【クセつよ発音矯正講座】「ウォーメン」の呪縛

中国語学習者で、「わたしたち」という意味の「我们(wǒ men)」の発音を

wó men

と発音する方が何人もいらっしゃいます。「第三声+軽声」が「第二声+軽声」になっているのです。おそらく本人は「第三声」で発音しているつもりだと思いますが、まず「第三声」の発音のしかたを勘違いしているのだと思います。

「第三声」は、その一文字で(単独で)発音する、または単語や文の最後に来る場合は、日本語の残念な時に言う「あ~あ」というようなイントネーション(上がり下がりの調子)ですが、殆どの単語や言葉はつながっていますので、「第三声」のあとに(※第三声以外の)何かがつながっている場合、

「第三声」は低く平らに発音する

と思ってください。「第三声」が少しでも上がると相対的に「第二声」に聞こえてしまうのです。

そこで、「第三声+軽声」と「第二声+軽声」を区別するコツをこっそり教えます。。。

 

実は日本語に当てはめると、「第三声+軽声」は、

関西弁の「なんで?」

のイントネーショに近いです。以下の単語をそんなイメージで発音してみてください。

我们(wǒ men)(私たち)
姐姐(jiě jie)(お姉さん)
奶奶(nǎi nai)(おばあちゃん)
好的(hǎo de)(いいよ)
椅子(yǐ zi)(椅子)
已经(yǐ jīng)(すでに)

 

第二声+軽声」は、

関西弁の「あほか!」

のイントネーションに近いです。こちらも以下の単語をそんなイメージで発音してみてください。

来了(lái le)(来た)
蘑菇(mó gu)(キノコ)
别的(bié de)(別の)
除了(chú le)(を除いて)
桃子(táo zi)(桃)
觉得(jué de)(思う)

 

ぜひ音声を聞いて音の違いを確認してみてください。

発音をしっかり学びたい方は、ぜひ一度、体験レッスンにお越しください。

 

【クセつよ発音矯正講座】シリーズ:
| 「ウォーメン」の呪縛  |  「三声+二声」vs.「三声+一声」  |  「多」vs.「都」  |

関連情報一覧